FC2ブログ
 
akoの『アロマカフェ』ー香りを楽しむカフェー
アロマカフェでちょこっと香りを一杯いかがですか?

久しぶりの投稿です!1万時間の法則

久しぶりの投稿です!


以前はブログに色々とアロマのことを書いていました。
その当時、カルチャースクールのようなところや幼稚園の保護者向けアロマ講座を
担当したりといったことが、仕事のメインだったため、色々なことが書けましたが、
病院でのアロマセラピーを仕事として以来、プライバシーにも関わるため、
ブログで発信できることが少ないように思っていました。以来、無我夢中でかけぬけて
3年がたちました。症例数も1000件に近づいてきた今、
私にできることも増えてきたように思います。また、伝えるという責任も
負っていく必要も感じています。
1000件という数字が決して大切なわけではありませんが、少し自分の中で
違ってきた!という手ごたえを感じるようになってきました。言葉としての表現は
難しいですが、「アロマセラピー」というものがあって、
自分がいて、患者さんがいて、ご家族がいる。その2者ないしは3者の
フィット感というものが違ってきたように思えます。


しかし!
実はこの件数で感じているフィット感は、まだまだのもので、これからまだまだ
到達していく課題がたくさんあるものと思われます。
ここで、以前読んですごく印象的だった本を紹介します。



この本で紹介されているのは1万時間の法則というものです。
この法則によると、
「一つの分野の世界レベルに達するために必要な練習量は1万時間。」
だとされていることです。かのビル・ゲイツも、中学2年にコンピューターに
出会って以来、会社をおこす大学2年生までで、すでにこの時間に
達していたといわれ、ビートルズやコンクールで優勝した音楽家や
一流のスポーツ選手もこの時間を達成しているそうです。
この時間は、
毎日3時間のトレーニングで約10年
毎日8時間のトレーニングで約4年

となります。しかし、休みの日ももちろん挟みますから、実際にはもう少し
年数がかかると思います。


ということで、私が今までアロママッサージにつぎこんできた時間を、少し
計算してみました。
アロマスクールで勉強した時間、資格認定のために必要な症例にかけた時間
(AEAJ30症例、IFPA40症例)、デイケアセンターでのアロママッサージ、
ボランティアでの緩和ケアでのアロママッサージ、そして、その他ボランティア団体で
大学や施設で行ったアロママッサージの時間を合計すると、375時間
そして現在日々行っている緩和ケア病棟でのアロママッサージの時間は、
事前の準備や報告の時間も含めると1症例40分くらいになります。
とすると、40分×1000症例で、約666時間となります。
合計すると、1041時間です。
そう・・・1万時間の法則にはまだまだ足りないことが分かります。


ただ、アロマセラピーは、精油学や解剖学などの勉強も必要となってきますので、
これを加えるとかなり膨大な数になってきます。勉強時間も計算しようかと
思いましたが、この時間はもう計算不可能。子供の幼稚園の合間にスタバで
6時間くらいねばったり(スタバさん、ごめんなさい。でも今でも大好きです。)
合間時間を20分、30分と見つけて勉強したりといった積み重ねを
何年も続け、学会や講習会、学校での勉強も加えていくと、膨大な時間に
なってきます。
ここまで書いて思ったことは、私はこの膨大な時間をアロマセラピーに
費やしてきたんだなぁ、と言うことです。そう考えると、もはや費やした時間の
多さよりも、それだけの時間を、人生をかけてきたアロマセラピーが、
とても愛おしくかけがえのないものであるということです。当たり前のこと
なのですが、それを今日再確認することができました。


1万時間の法則の本を思い出し、自分がまだまだだということを知ったと共に、
その時間に達しなくても、アロマセラピーに膨大な時間を達したことに気づいた
今日という日。これをきっかけに、少し基礎から勉強しなおしたいと思っていたことを、
スタートしたいと思います。


出会ったたくさんの方々とのアロマの時間。
今でも胸がしめつけられるような時間や奇跡のような時間が、いくつもいくつも
思い出されます。これらの時間を、いつかバトンタッチする世代に向けて、
きちんと伝えられるようにしていくことが、今の私の目指す時間です。



ブログに費やした時間はどのくらいだろう・・・。
でも1万時間費やしたら世界レベルのブロガー??
いや、ブロガーに世界レベルなんてないだろう…って思うアナタも、
akoのアロマカフェのブログを1万時間以上読んでいるアナタも、(いないか…。)
お久しぶりのポチッ♪プリーズ!
           ↓
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村










スポンサーサイト



緩和ケア週間2012年

毎年10月には、全国で緩和ケア週間という、がんや緩和ケアというものを
知ってもらうための啓発活動の期間があります。


私がアロマでかかわらせていただいている病院でも、この緩和ケア週間の
活動の一環として、様々なイベントを開催しました。その中の一つとして、
私もアロマセラピストとして、ハンドマッサージを患者さんにさせて
いただきました。


緩和ケア週間2012


今回でこの活動への参加は3回目になります。
一回目、二回目は、看護師さんたちにお手伝いをしていただきながら、
一人でアロマブースにこられる方々に、アロマの説明をしたり
患者さんと一緒にアロマの精油で作ってスプレーを作らせて
いただいたりしました。


そして今年はなんと!看護師さんたちが、ハンドマッサージを
したいとのことで、ハンドマッサージ講習会を2回開催して、
4,5名の看護師さんと共にハンドマッサージを行いました。


最初は緊張気味だった看護師の方々も、最後には手つきや顔つきに
自信があふれてくるのが分かりました。その様子があまりにステキで
思わず私まで笑顔をもらいました。



本当はもう少し練習を重ねてからのほうがよかったと思いますが、
普段の


医療者と患者



という関係ではない、アロマをする、される、という位置関係に
なることで、いつもとは違った面からの信頼関係が築けるという意味で、
本当に本当に有意義な機会だったと思います。



そして、患者さんの笑顔が、何より素晴らしく、ここは病院??
と聞きたくなるような時間と空間がそこに出来上がっていました。
緩和ケアや病気、そしてアロマセラピーを知っていただく
貴重な機会となりました。




良質なアロマセラピー、本物のアロマセラピーを伝えていくためには、
アロマセラピストの有資格者がアロマセラピーについての啓発、
そしてマッサージの方法の指導を行っていく必要があると思います。
アロマが日本に、そして病院に浸透していくかどうかも、これからの
数十年、そしてセラピストにかかっていると思います。
自分で自分にプレッシャーをかけていくような言葉ですが、
素晴らしい経験や体験に加え、たくさんの悔しい思いもしてきました。
でも、自分の実現したいことや目標といったことを大切に思うなら、
色々な経験を、プラスにかえ、歩き続けていくことが大事だと思って
います。


一歩、そしてまた一歩前に出ると、必ずいつか振り返ったときに、
すごい道のりをそこに築けていると、確信しています。



右足を出して、左足を出すと、歩ける~♪
右指出して、クリックすると、ポチれる~♪
あたりまえ体操~♪
ポチッ!プリーズ!
     ↓
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村




日本アロマセラピー学会にいってきました。

第一回国際アロマセラピー学会が京都で開かれ、
2日間、勉強させていただきました。


アメリカ、イギリス、フランス、フィンランド、韓国など、
色々な国から来られて発表されておられる演者の方がたくさん
おられ、本当に刺激になりました。


本来、医療者のみが参加できる学会ですが、IFPA,IFAなどの
国際的なアロマセラピーの資格を持つセラピストも今回は
参加できたため、貴重な機会だと思い参加しました。


参加されている中には、医療者、研究者、精油の輸入者、
セラピストなど、幅広い職種のかたがおられました。

京都国際会館convert


ポスター展示のブースでは、乳がんのかたにMohs軟膏を使用し、
さらに精油を白色ワセリンに溶解したものを局所に塗布すると
いった内容のものがあり、ここまで実践的に使われている例は
見たことがなかったので、興味津々で見ていました。


すると、立ち止まる看護師さんが数人。


「このポスター、あなたの発表?」


と尋ねられ、違いますと言うと、やはり皆さん興味を持っておられる
ようで、この軟膏の作り方や精油を塗布する方法なども、初めて見たと
皆さんおっしゃっていました。そして、話していると、患者さんの近くにいて、
何かできることをしてあげたい、という気持ちがすごく伝わってきました。


緩和ケアでは、痛みを緩和するために、できる限りのことをされるのですが、
できることが限られてくる中で、その患者さんのために何かをしてあげたい、
という想いがアロマに託されることが多々あります。そして、心地よさや
安らぎを感じて和らぐ表情を見て、ご家族や、医療者の方が心から安堵
されている様子を、幾度となく目の当りにしてきました。


こういったたくさんの方の想いを集約した


ものを、アロマセラピーで答えていく。



今私が置かれている状況は、決して確立されたものでもなく、
走っている電車の横を、走って追いかけてやっと追いついている
ような毎日の連続です。でも、追いかけることを認めてもらっている
状況は、感謝すべきことであることです。そして、その感謝と同じくらい
大きな責任感も感じ、その大きさを再確認して帰ってくることに
なりました。



学会で、ある看護師さんに言われました。


「アロマを患者さんにしているの?


本当に幸せね。一番の理想だわ。」



アロマセラピーは、医療の世界では、まだまだ認知されていない場所も
多くあります。そして、あえてそこでつき進んでいこうとすることは、
時にとてもハードなこともあります。でも、今ここで立ち止まってしまうと、
後ろにできる道はわずかなものになってしまう。しっかりとした道にするためには、
それなりにしっかりと、しっかりと歩いてわけいっていかなければならないのだと
思うのです。それなりに、責任が伴ってくることも、強く実感しました。



今回、学会で色々な刺激を受け、まだまだ学習が必要なことが
たくさんあることを再確認しました。今の自分の位置や、向かう方向など、
こういう大きな場所で知ることができ、本当に良い機会になったと思います。
そして、大勢の人の協力や理解があって、そういう機会を得られていることが、
有難いことだと思いました。疲れがたまって思考が泊まりそうになることも
ありますが、そこから前に進めるのは、結局はこういった経験のストック
なのかも知れません。






読み直してみて…。
電車の横を走って追いついている…。
って、どんだけ足早いねん…と自分でツッコミを
いれてしまいましたが、でもそのくらいの心意気でやって
こそ初めて少しだけ、走り出せるような気がしたので、
あえてこのままの文章で行かせていただきました。
一緒に走ってくださるステキなアナタと、
つっこみ専門のステキなアナタのポチッ♪プリーズ!
     ↓
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村


(ボケ担当も大歓迎♡)

アロマ講座で伝えきれなかったこと。

毎年企画していただいて開催されるアロマ講座
で講師をさせていただきました。


今日はアロマのお話+香りやハーブのお話に加えて
アロマの虫よけスプレーを皆さんと一緒に作りました。


虫よけのパワーをアップさせる精油の組み合わせ。


自然のものなのに、こういった組み合わせで
虫よけ作用が高まるというのは、とても不思議です。



painschool_convert_20100524122246.jpg



また、市販の虫よけスプレーの中には安全性が見直され初めている成分が入っています。
特にお子さんが小さい間は安全なものを選ぶようにしたり、それでも使用されるときは、
スプレータイプは口や鼻から吸い込んでしまうことがあるので、
いったん手にとってから使用することを勧めている機関があるので
お試しください。


精油の中には様々な作用をもつ成分が入っているのですが、
今回の講座でお話ししたものの一つに、バニリン
という成分があります。


これは、あま~いバニラの香り。


このあま~いバニリンの香りには、
成分をうすめると集中力を出させる作用があるほか、
安心感気持ちを落ち着けてくれる作用があります。


そして講座でひとつ、絶対話そうと思っていたのに、話せなかったことが
あります。


それは、赤ちゃんのにおいのことです。



a0001_006374.jpg



あの、ちっちゃな赤ちゃんを抱っこした時にふわ~っと
ただよってくるミルクの香りと称される香り。
実は赤ちゃん自身が自ら出している香りなのです。
そしてその香り成分の中に、あのバニリンが含まれているのです。


言葉をまだ話すことのできない赤ちゃん。
時にはその表現が、泣き叫ぶことでしかできなくて、
お母さんや周りの人を困らせてしまうこともあります。
でも、本当は困らせようと思っているのではなくて、
愛おしいと思ってもらいたい、と全身で表現しているのです。
バニリンの香りで、安心感や、愛おしいという気持ちをお母さんに
持っててもらいたい。そして自分のことを愛してもらいたい


守られたい、という自然の摂理から生み出された
すべかも知れませんが、赤ちゃんが全身で訴えているメッセージだと
思うと、けなげで心から愛おしいと思わずにはいられません。


いつもは元気でがんばっているお母さんだって、時には
疲れることだってあるはずです。でも、そんなときに、
赤ちゃんをぎゅっと抱きしめると、彼や彼女たちから
愛おしいメッセージがあま~い香りと共に伝わってくるはずです。



2012,7aromaこうざ



大好きなハーブディーを味わって欲しくて、講座の後に
楽しんでいただきました。すると参加してくださった方が
なんと手作りケーキを!!
抹茶の味がとっても濃くて、素材の味や自然な甘みが
引き出されるおいしいお味でした♡
ごちそうさまでした。



ぎゅっとポチッ♪プリーズ!
     ↓
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村






幼稚園でアロマの化粧水講座♪

大好きな場所での大好きな講座。
思わず「ただいまー♪」って言いたくなる場所でのアロマ講座。
とても楽しい時間を過ごさせていただきました。


今回は、アロマの精油と、お花をアルコールで抽出したものを混ぜて作る
化粧水作りの講座でした。作り方を、簡単にはプリントに書いていたのですが、
お肌に優しいハーブやお花なら、簡単にこの化粧水は作ることができます。
そして自分で作ったものなら、贅沢にパシャパシャ使用量を気にすることなく
使えるので、是非ご自身でトライしてみてくださいね♪


遅くなりましたが、作り方のレシピ♪


まずは、好きなハーブを用意します。
できればお庭でとれたものを、少し天日干ししたものや、
オーガニックのハーブティーを使うと、農薬に頼ることなく植物自身が
作りださなければならない成分が多くなるので、おすすめです。
(注:アロマのエッセンシャルオイルも、普通栽培のものと
オーガニック栽培もしくは野生のものでは、香りと作用が断然違い
ます。農薬に頼らないで育った植物は、自ら身を守る
ために、質の良い精油を作りあげ、それで他の植物や
菌、時には虫から身を守るためです。)



今回は、三種類のローズと、ローズヒップから抽出したローズの化粧水と、
ラベンダーから作るラベンダー化粧水を作りました。レモンやユズなどの
皮を干しても使えます。ただしその場合は肌への刺激と、光毒性に気を
つけてくださいね♪


化粧水原料の材料

それではローズの化粧水づくりで、作り方を説明します。
材料1に対して、30%か40%濃度のアルコールを9の割合で用意します。
材料が10gなら、アルコールは90gです。今回はウォッカを用意しましたが、
ホワイトリカーなどでもオッケーです♪飲みたい気持ちは我慢我慢♡


晩酌の時間♪ではありません。


そそぎまーす♪

片手で注ぎながら写真を撮るのは難しいっ!


そして2,3週間くらい直射日光があたらないような場所において
おきます。時間をおいてできたお姿がこのご様子です。
フタをあけると、かぐわしいローズの香りのするアルコールの香りで
満たされます。


そして2,3週間後の姿


コーヒーフィルターなどで、抽出液をこします。
最後の一滴まで気長に待ちましょう♪
こうやってできた液体は、チンキ、ティンクチャー、アルコール抽出液
などと呼ばれます。

最後の1滴までていねいにとります


そしてこの液体5~10mlに、植物性グリセリン小さじ1杯弱
(弱っていうのがポイントです♪)を入れ、さらに精油1,2滴を入れて
精製水もしくはローズ芳香蒸留水40mlを足したら完成です♪


精油は美肌にしてくれるような作用のものを選ぶと良いです♪


キャロットシード
フランキンセンス
ゼラニウム
イランイラン
ローズオットー
ネロリ
プチグレン
ローズウッド

などがおすすめです♪


ただしこの化粧水。アルコールに敏感な方や
敏感肌の方はくれぐれも気をつけてくださいね!



そうしてできあがったものが…。









こちら!
ものすごーくおいしタルトでした♪


とりわける姿もステキです♪♪
(さん、ありがとうございました~♪)

あっ、化粧水ではありませんでした。
これは、講座に参加していただいたさんが作ってくださった
ナシのタルトです♪
アーモンドクリームやタルトなど、時間と手間をかけて作って
くださったタルトは、色々な味が重なってうみだされる、とっても
深くおいしい味わいでした。また、さんが作ってくださった
クッキーも、すごくおいしくて、まるでカフェのようでした♪
手間ひまかけて作ったものは、化粧水も、スウィーツも、深い
味わいになるのかなーと思いました。


このように楽しい講座ができたのも、講座に参加してくださる
皆さんが、色々お手伝いしてくださったおかげです♪
参加者にお声掛けしてメールなどのやりとりをしてくださったさん
は、本当にきめ細やかな心づかいをしていただいて、感激しています。そして
さんをはじめ、たくさんの方に講座のお手伝いをいただき、
感謝しています♪


アロマの素晴らしさ


そして生活の中で少しリラックスする時間をとることの大切さ


自然の香りを嗅ぐことの大切さ、そして素晴らしさ


そういったことを皆さんと共有できたことを、心から嬉しく思っています。
いつもありがとうございます♪

講座風景♪
(参加されたかた、ふわーっとしてないシャッキリ画像の
 写真をまたお配りしますね♪)



またお会いできるその日にむけて、
ポチッ♪プリーズ!
    ↓
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村










テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

プロフィール

ako717

Author:ako717
緩和ケア病棟でアロマセラピストと
して関わっていく中で、アロマセラピーは
体だけでなく心の中心にむかって人を
癒していくセラピーだと実感するように
なりました。セラピストとして、
アロマ講師として、たくさんの方に
アロマを知っていただくことを、
ライフワークにしようと思い
活動しています。
毎日が勉強の日々です。
家族(夫と子供二人)や、毎日の生活
の中で、キラッとしたことを見つける
のが好きです。京都市在住。
英国IFPA認定アロマセラピスト
社団法人アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピスト

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード