FC2ブログ
 
akoの『アロマカフェ』ー香りを楽しむカフェー
アロマカフェでちょこっと香りを一杯いかがですか?

アロマ講座しました。(みんなでまぜまぜ手ごねアロマせっけん)

この前、手作りせっけんの写真をアップしていましたが、
『手ごねアロマせっけん』
の講座を、幼稚園でしました。参加希望は16人。
風邪でお休みの方もいらっしゃいましたが、とってもにぎやかで
楽しい講座になりました。

カモミールジャーマンを、みんなの目の前で、抽出液に
していきます。せっけん素地に、抽出液を加えてから、
クレイやハチミツ、緑茶粉やホホバオイルを加えて
さらに精油(エッセンシャルオイル)を入れていきます。
クレイは汚れや古くなった皮脂を吸着する作用
ハチミツには保湿効果や、炎症を抑える作用
緑茶粉には美白作用
などがありますが、今日はホホバを少し掘り下げます。


ホホバはツゲ科の植物の種子から作られたオイルです。
砂漠にこの姿を見ることができます。
厳密には植物油ではなく、ワックスに分類されます。
普段は液体ですが、10度以下ならカチカチのロウの
ように固まってしまうのです。しかも、とても酸化しにくく、
370℃で4日間加熱し続けた実験では、ほとんど酸化が
見られなかったとの結果が出たそうです。メキシコやアメリカ
の先住民族は、乾燥から髪や肌を守り、傷を癒すために
使用した歴史があるのです。また、マッサージすることで、
余分な脂肪を流動化して体外に排出しやすくする…。
と言っているイギリスの芳香療法家もいます。
少し高価なオイルですが、どんな肌質の方にもあいやすく、
また、酸化しにくいことを考えると、保存期間が短い
他の植物油に比べてとてもお勧めできるオイルだと思います。



さて、話は戻ってもう5,6回目になる講座。
回数を重ねるごとに、私と共にアロマの経験が増えてくる
参加者の皆さん。講座では、ご自身のアロマ体験談が増え、
それを披露してもらうのは、とっても興味深く、私にとっても
勉強になります。

『この前ノドが痛いときに、ニアウリでうがいをしたら、
 スーってひいた。』
『子供がインフルエンザにかかったけど、ユーカリとティートリー
 をたいていたら子供一人以外はかからなかった。』
『イボに塗ったらポロってとれてきて、キレイになりました

といったうれしいご報告も数多くいただきました。
ちょっとした不調をアロマで緩和できれば、家族にとっても、
また、それを支えているお母さん、お父さんにとっても
大切なことです。
ほかには、
『子供がだだをこねると、ラベンダーを嗅がせるの。そうしたら、
ニコーってなるから、いつも持ち歩いていて。まるで、黄門様の印籠みたい♪』
『私が機嫌が悪くなったら、子供や旦那が、アロマで作ったルームスプレーを、
シュッ!シュッ!ってやりにくるの!その行動にちょっとイラッてするけど、
まぁ、実際アロマの香りで癒されるし…。』

なんてお声も
アロマ講座、楽しい♪アロマが大好きになった♪
と、いつも10人から20人集まってくださるのはとても感謝感激です。
20人の方から色んな質問が続いた時はちょっと声が枯れちゃいましたが
皆さん興味がおありになり、また、話を聞いて、さらにその興味が
深まっていく過程を見ているのは喜びになります。そして、こんなにも
色々な感想や体験談を聞けるのは、心からの宝物なのです。
そして、このような時を過ごす時間と空間の全てが、まさに私にとって、
『アロマcafe』なのだと思います♪




皆さんのポチッ!をいただくと
『アロマcafe』はとてもにぎわいます♪
ポチッ!プリーズ♪
     ↓


スポンサーサイト



プロフィール

ako717

Author:ako717
緩和ケア病棟でアロマセラピストと
して関わっていく中で、アロマセラピーは
体だけでなく心の中心にむかって人を
癒していくセラピーだと実感するように
なりました。セラピストとして、
アロマ講師として、たくさんの方に
アロマを知っていただくことを、
ライフワークにしようと思い
活動しています。
毎日が勉強の日々です。
家族(夫と子供二人)や、毎日の生活
の中で、キラッとしたことを見つける
のが好きです。京都市在住。
英国IFPA認定アロマセラピスト
社団法人アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピスト

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード