FC2ブログ
 
akoの『アロマカフェ』ー香りを楽しむカフェー
アロマカフェでちょこっと香りを一杯いかがですか?

あるロックスターの自殺の原因

97年オーストラリアのロックバンド、INXSのリードシンガー、
マイケル・ハンチェンスが自殺して死んでいるところを発見されました。
その原因が分からず、様々な憶測が飛び交いましたが、身近な友人や知人の
証言から、嗅覚の喪失が原因だと考えられています。


彼は自殺する5年ほど前、頭蓋骨を骨折するほどの交通事故に
遭遇しました。不幸中の幸いで、命に別状はなかったのですが、
その事故により彼は嗅覚を失ってしまったのです。


香りを嗅ぐことができないくらい…。


人はそう思いがちですが、彼はそれによって、食欲もなくなり、
性的な欲望も減少したのだそうです。
「ガールフレンドを味わうことができない。」
そう言って泣きながら友人に訴えたこともあるそうです。



香りの感覚は、人の心をダイレクトに動かすことが科学的に
分かっています。それは、香りを嗅いだときに、脳の中でも
感情や本能に近い場所に伝わるからです。


ラットの実験で、ニオイを嗅げないように手術すると、
まるでうつ病のような症状を見せるようになるのだそうです。
食欲をなくし、おもちゃにも興味をなくし、運動することを
やめてしまうのだそうです。


マイケル・ハッチェンスは、アーティストということもあり、
もしかしたら一般の人々よりも、様々な感覚に対して敏感で
あったかもしれません。快楽に対して非常に貪欲であったという
人柄からも、香りの感覚から得られていた様々な人生の喜びを
奪われたことは、普通の人が受けるダメージよりもかなり
大きかったのかもしれません。


当たり前だと思いがちな「においを嗅ぐ」という感覚ですが、
心に直結する感覚だということを考えると、消して欠かすことの
できない大切な感覚だということを、改めて感じさせられました。



関連ブログ
顔面移植の男性「一番嬉しかったこと」は・・・。



興味のあるかたは読んでみてくださいね♪
     ↓




興味のある方はぜひ押してみてくださいね♪
  ポチッ♪プリーズ!
      ↓
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

ako717

Author:ako717
緩和ケア病棟でアロマセラピストと
して関わっていく中で、アロマセラピーは
体だけでなく心の中心にむかって人を
癒していくセラピーだと実感するように
なりました。セラピストとして、
アロマ講師として、たくさんの方に
アロマを知っていただくことを、
ライフワークにしようと思い
活動しています。
毎日が勉強の日々です。
家族(夫と子供二人)や、毎日の生活
の中で、キラッとしたことを見つける
のが好きです。京都市在住。
英国IFPA認定アロマセラピスト
社団法人アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピスト

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード